ポジティブな明日を作る プルークスの情報発信メディア

logobar

日々

YouTube、SNSを初めとする各メディアへの広告配信を手掛けるプルークス広告配信チームとは?

こんにちは。
先日の4月1日付で無事プルークスへの入社を果たしました、林田です!
これからも引き続きよろしくお願いいたします。

さて、プルークスは動画マーケティングを行なっている会社ですが、数ある動画制作会社との違いの1つに動画マーケティングの企画立案から配信・分析までを一気通貫で行えるという強みがあります。

今回はそんな意外と知られていないプルークスの広告配信&分析チーム(通称:統合マーケティングプランニング部)についてお伝えしようと思います!

統合マーケティングプランニング部とは?

プルークスの統合マーケティングプランニング部は現在3名の方々で構成されています。

アカウントプランナーが現在20名以上いることを考えると人数はかなり少ないですが大事な柱の一本としてプルークスの動画マーケティング事業を支えています。

そんな、統合マーケティングプランニング部は普段どのような業務を行なっているのでしょうか? また、やりがいを感じる時はどんな時なのでしょう?

普段の業務内容は?

業務は大きく分けて3つ。

①配信の全体設計を考えること
②配信媒体社、広告代理店との交渉
③配信の測定結果や管理進捗をレポートにまとめること

改めて、プルークスの統合マーケティングプランニング部は動画広告の配信に必要な業務の全てを担っていることが分かりました。
やはり、統合マーケティングプランニング部があるからこそプルークスの動画マーケティングの強みが成り立つのですね!

やりがいを感じる時は?

広告の配信設計をするということはすなわちそれによって人々の消費行動を促す直接の影響を与えるということ。

自分の考えた通りの影響を世の中に与えられていると実感出来るのは広告配信分野に携わる大きなメリットだと思いました!

業務に関する情報をどのように収集・勉強しているのか

今回は実際に動画広告の配信・分析をしている統合マーケティングプランニング部の方々が普段どのようにして情報を収集し、勉強しているのかもお聞きしました。

広告の仕事の中でもマーケティングに興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい!

変化のスピードが早いデジタル広告の流れに取り残されないためには常に自分が持つ情報をアップデートし続けなければなりません

Googleなど広告配信媒体社との接点も多いプルークスのはそのコミュニケーションの中から常に最新の情報をインプット出来るのですね!

最後に

冒頭でもお伝えしましたが、プルークスは制作した動画の配信・分析までを一気通貫で手掛けられるため、動画をただ制作するだけでなく動画を活用したマーケティング施策全体をコンサルティング出来る強みがあります。

動画制作と動画広告配信、それぞれのプロフェッショナルが合わさってプルークスの動画マーケティングという1つのブランドを作っています。

広告配信やマーケティングに少しでも興味のある方はぜひ私たちと一緒にプルークスで動画マーケティングのプロフェッショナルを目指しませんか?

RELATED ARTICLE関連記事