ポジティブな明日を作る プルークスの情報発信メディア

logobar

【受賞インタビュー】業務の兼務やオフィス移転…初めてづくしで苦戦した上半期を経験したからこそ見えてきたものとは

皆さん、こんにちは!
コミュニケーションデザイン部 平川です。

先日のキックオフにて上半期MVPを受賞した管理部 矢部さんにインタビューをしました!
キックオフの様子はこちら

今回矢部さんが受賞した賞は上半期で設定している個人目標の難易度及び達成度合いによって評価されるものです。
そんな賞を受賞した矢部さんは異業種・異職種から転職してきました。これまで苦労したことや、その経験から得られたことなどをお伝えしていきます!

反省も多かったけど経験値を増やすことができた上半期

改めて2020年度上半期MVP受賞おめでとうございます!受賞した感想は?

正直、自分ではないと思っていたのでびっくりしました。
特にこの上半期を自分的に腑に落ちない部分が多かったので…。

腑に落ちないとは…?

通常の経理業務だけではなく、未経験の営業アシスタント業務も兼任することになり業務量が急激に増えていき、同時進行でオフィス移転も進めなくてはならない状況でした。限られた時間の中で全てを終わらせるためにはどうしたらいいかを考えてもなかなかうまくいかなくて…自分的に納得できない部分が多かったです。
でもこの経験から時間管理やスケジュール管理力が身についたと思います。

業務兼任、オフィス移転など多忙な中でも常に意識していたことはありますか?

社員からの依頼に関しては、できる限り力になりたいと考えていました。
できないとすぐに断るのではなく「自分ができることは何か」を考えて行動することを意識していました。

自分自身の行動で意識していたことはありますか?

常に意識していたことと習慣づけていたのは「足を止めずにとりあえず行動する」と「ググり力をつける」ことでした。
判らないことが多い時は行動しながら理解していくほうが誤認識も少ないし、理解速度も高いように思えるので、まずは行動するということを意識していました。
今の時代は自分から知識を得る方法が溢れているので、得た情報を正しくかつ迅速に活用できる人が強い人だと思っています。そのため些細なこともまずは情報を集めることを習慣化していました。

初めてだらけの上半期の中で一番思い出深い出来事はなんですか?

やはりオフィス移転ですね!
オフィス選びから始まって、役員や社員の理想とマッチングするところを探し、実際に確認するために足を運んで選んだり、予算内に収めるために値段交渉をしたりしました。

正直大変でしたが自分の経験値を増やすことができたので、経験して良かったです!

オフィス移転で何かエピソードありますか?

オフィスの引越し当日に松浦さんから差し入れでプリンをいただきました。休憩中にいただいたんですが、疲れた体に甘いものがものすごく染みて「うまぁ…」って声が出たんですよ。その瞬間を今でも思い出します笑

想像するとめっちゃかわいい笑 改めてオフィス移転お疲れ様・ありがとうございました!

プルークスは思考を停止することなく働ける環境

異業種・異職種への転職でしたよね。前職は何をされていたんですか?

前職では営業でした。確立された営業スタイルをこなしながら数字を獲得するというルーティンワークで頭を使う時間が減っていることが日々恐怖でした。

それで転職を決意したんですね。ちなみにプルークスを選んだ理由は?

プルークスはこれから会社が大きくなっていく段階にあって、制度や様々なルールなどをこれから作っていく環境であると感じました。
そういった環境の管理部門では様々なことを考えて行動することができると思い、自分が求めていた頭を使う環境であると感じ、プルークスを選びました。

異業種から転職した矢部さんがプルークスで身についたことや学んだことはなんですか?

プルークスは役員や上司との距離が近く、自分の意見を伝えやすい環境です。
そのため提案する力だけではなく、それらを実行するためにはどうしたらいいか考えながら行動に移す力が身につきました。

経験を積みながら還元していきたい

最後に、これからの意気込みを教えてください!

管理部は業務の幅に制限がないので、ゼネラリスト的にいろんなことをできるように幅広い経験を積んでいきたいです。
経験値をどんどん上げていきながら、プルークスの土台を作り上げていくことで会社に還元をしていきたいですね。

また今回の上半期MVPの受賞は嬉しい反面、納得していない部分もあったので、評価してもらったことを自分で納得できるように気を引き締めていきたいと思います!

矢部さん、ありがとうございました!


初めての業界・職種への転職は不安だらけだったと思います。
そんな中でも常に思考を止めずに、自分ができることは何かを考えながら自発的に行動してきた彼女だからこそ高い成果を出し、今回の賞を受賞できたのだと思います。

守りも攻めも強い矢部さんの今後の活躍にご期待ください!

RELATED ARTICLE関連記事