ポジティブな明日を作る プルークスの情報発信メディア

logobar

人と関わることが好きな私が広告業界で提案営業に挑戦しようと思ったワケ

こんにちは、コミュニケーションデザイン部の田中です。
本日は社員から圧倒的な愛されキャラを誇るアカウントプランナーの藤井さんにインタビューしました。昨年9月に入社してからこれまで感じたことや将来のことを答えてもらいました。

 

提案力を高め、お客様と長期的な関係を築きたい

新卒では人材系のベンチャーに入社したそうですね。

人材派遣を行うベンチャー企業に入り、法人営業をしていました。私は人と関わることが好きだったため、「一緒に働きたいと思える人」がいる会社を選びました。

なぜ転職を考えたのですか?

自分の力で考えた提案で信頼されるような仕事がしたいと考えたからです。前職ではお客様の要望に合わせて人材を派遣する仕事でした。自分で考えて提案したり、新しい価値をつけることが難しい仕事でした。
そこで、自分で考えたことを具体的な形にして提案できるような仕事がしたいと思い転職を決意しました。

プルークスを選んだ理由は?

理由は2つあります。
1つめは提案力を身につけるためです。アカウントプランナーはお客様が気づかない課題に対し、0から企画することが求められます。そのため、0→1で考えて提案する力が高められると考えました。
2つめはお客様と長い関係を築きたいと思ったからです。お客様の望む成果を出し、信頼を得てリピートに繋がる。1度きりではない関係性を築ける仕事に魅力を感じました。

 

介在価値を発揮してお客様の課題解決ができることがやりがい

入社して感じたことを教えてください。

提案した動画がSNSや街中で使われていることに感動しました。アカウントプランナーはお客様の課題に対して自分の頭で考え企画し、具体的な解決策を提示することができる介在価値のある仕事だと感じています。

前職の経験はどう活かせていますか?

調整力が活きています。アカウントプランナーの仕事は、ひとつの案件に複数の制作スタッフやクリエイターなど違う立場の人を巻き込むことが必要です。
前職でも営業や派遣コーディネーター、派遣スタッフなど多くの人と関わりながら仕事をしていたため、様々な立場の人を調整する力が役立っていますね。

大変だったことは?

お客様の抽象的な依頼から「何を目的に動画を作るのか」「どんなことが課題になっているか」を整理し、相手に伝わるように言語化することが大変です。相手に響くためにどんな言葉や図にして表現すればいいか、日々試行錯誤しています。

最初は苦労しましたが、社内で共有されている提案書から構成や表現を勉強したり、プレゼンの上手な先輩の真似をしたり徐々にできるようになってきました。自分一人で頑張るだけでなく、社内から学べることが多くある環境に助けられました。

これからは社内に影響を与える存在でありたい

入社当初からどんな変化がありましたか?

はじめは自分の案件を作ることで精一杯だったのですが…今は社内全体を見て行動できるようになりました。
受注から案件化までのアウトバウンド活動で経験したことを活かし、営業支援ツールを使って営業活動を強化する施策を実施しています。例えば見込み客のリストを整理したり、営業支援ツールの情報をアップデートしたり、他のメンバーにもナレッジを共有したり。自分のための仕事ではなく、社内全体を見て何が必要か、どんなことをすれば組織全体が良い方向に進むか考えています!

今後のキャリアについて聞かせてください。

個人としては営業マーケティングのキャリアを作っていきたいです。新規のお客様と関係を構築し、他のメンバーが受注に繋げやすくなるような仕組みを整えていくことは新しいチャレンジなのでワクワクします!

プルークスはどんな環境ですか?

とにかく人がいい!みんなが主体的に自分の考えを発信していて、それに応えてくれる人がいます。お客様だけでなく社内に向けても提案しやすい環境ですね!

 


入社当初は自らの提案力を高めることを目標としていた藤井さん。これからは培ったナレッジを社内に還元し、組織全体を強くしていくことが目標と語ってくれました。

自らの成長がお客様や組織のためになることを実感できたインタビューでした。チームメンバーからは「困った時に手を差し伸べてくれる」「何かあったら藤井さんに頼りたい」との声も!「人と関わることが好き」「相手のためになりたい」気持ちが強いからこそ、社内外で信頼される秘訣かもしれません。

プルークスでは、業界未経験者の挑戦を応援しています。
・提案営業で考えたことを形にする力を身につけたい
・お客様と長期的な関係を築きたい
・自分を成長させて組織や会社を大きくしたい
という思いに共感いただけた方はぜひプルークスのアカウントプランナーに挑戦しませんか?

 

RELATED ARTICLE関連記事