ポジティブな明日を作る プルークスの情報発信メディア

logobar

福島の田舎で育った「普通」な私が東京で誰かの「特別」になる為に。

初めまして!
プルークス2020年新卒の、東城あすかです。

福島県で生まれ育ちました。猪苗代湖にも落ちた(正確には投げられた)ことがあります。

好きな食べ物は、固めの桃と厚切りの塩牛タンとチーズタルトと幸楽苑の味噌野菜タンメンと酪王カフェオレとバーモントカレー(中辛)と…etc
好きなダンスのジャンルはLOCKとHOUSEです。

感謝の心を大切に元気に頑張ります!!!よろしくお願いします!!!

さて、この記事では私が上京すると共にプルークスというベンチャー企業に就職を決めるまでの心の内を書いていこうと思います。

”普通”な私が嫌い

勉強も運動もそれなりにこなしてきたし、クラスのカーストも中の上くらいだし、中学のバレー部でも部長やエースではないけれど、セッターとしてレギュラーメンバーを務めてきたような、いたって”普通”の田舎の学生でした。
しかし、その”普通”が私のコンプレックスです。

「どうしたら1番になれるんだろう?」

心の中ではいつもそんなことを考えていた私。
しかし、スキルもセンスも上には上がいて…
そんな中、部活やサークルなどの集団で過ごしていると、「私にしかできないことは?」と考えるようになりました。

様々な視点から物事を見て、

「私には何が出来るのか」
「みんなが気づいていない大事なことはないか」

そんなことを見つけて誰よりも先に取り組もうとする私は捻くれ者かもしれません(笑)

私が作成したサークル初単独公演のフライヤー・パンフレット・チケットです。

楽しくないなら楽しくすれば良いじゃん?

「あすかがいたからサークルが楽しかった」

大学の卒業式の日に同輩や後輩から貰った手紙にはこの言葉がたくさん書いてありました。この私が誰かに良い影響を与えられた、サークルで”特別”な存在になれていた、初めて自分を認めて涙しました。辛かったけど、やりたい事やってきて本当に良かったと。

私が所属していたのは、自分たちで設立したダンスサークルです。この経験が、私にとって初めての『私にしかできないこと』だったのです。

男女比率9:1の大学で友達が誰1人もいない新しい環境の中、ダンスに興味のある人を集めること、行事を企画すること、練習の形態を作ること…
先輩も先生もいません。田舎なのでスタジオなんてありません。初めは大学の外に集まって、YouTubeを見ながら練習していました。

すべてが初めての挑戦で、時には仲間と衝突することもあり、正直辛かったです。その反面、1から作り上げた事が成功した時はこの上ない達成感で溢れます。

当初5人だったサークルが卒業時には54人にも大きくする事ができました。
このような”特別”な経験から、自分たちで自分たちの環境を変えられる可能性の大きさを実感しました。

特に私は大勢でワイワイ楽しむ事が大好きなので、ホームパーティーはもちろんのこと、BBQやハロウィン、クリスマスパーティーや旅行なども企画しました。

右端の私が一番高く飛んでますね!!!!

独りよがりでは無く、周りの人たちも巻き込んで楽しめる人間でありたいです。

”ワクワクする環境”で生きていきたい。

大学時代の経験から、「嫌だな」と思ったとき・思っている人がいたとき、どうしたら状況を改善できるかを考えて、行動できるようになりました。

紅一点だけど対等に接してくれた大事なサークルの同輩たち。

人には恵まれている自信があります。(その他の運は割と皆無)
「類は友を呼ぶ」ということわざがある通り、私の周りには楽しい事が好きな仲間がたくさんいました。

まだ、入社して間もないけれど、プルークスの同期や先輩方にもそんなイメージを抱いています。ベンチャー企業ならではの活発さにワクワクしています。
だから、私の就職活動は間違っていなかったのかもしれません。

「Tシャツ作ろう!」ってノリも乗ってくれる最高の同期たち。

2021卒就活生の皆さんへ

”上京” × ”ベンチャー企業”」に不安を抱く人が多いと思います。しかし、それと同時に自分の言動で自分や自分に関わる人たちの環境を変える事ができるってとてもワクワクしませんか?

こんな”普通”な私でも、人や会社の役に立てるかもしれない。役に立てるような人間になりたい。

プルークスの企業理念は「アタリマエを革新する」です。それは今までの”普通”だった自分のアタリマエを革新する良い機会だと思いませんか?

私は今まで漠然と「変わりたい」と思っていましたが、入社して2週間、「私、変われるかもしれない」と自分に期待が持てるようになりました。それほど、今まで気付かなかった自分が成長する為のヒントを得たり、同期や先輩方の熱量の高さに感化されたりしています。

ワクワクする」って抽象的でも大切な感覚だと思う今日この頃。少しでもこの記事を読んでワクワクしてくれたら、私はあなたにプルークスをお勧めします。異例の状況下ではありますが、悔いのない就職活動になりますように!

私もリモート研修頑張ります!!!!

RELATED ARTICLE関連記事