ポジティブな明日を作る プルークスの情報発信メディア

logobar

ゼネラリストを目指してベンチャーへ!動画という最先端のツールを扱っているプルークスへ入社した理由

皆さん、こんにちは!コミュニケーションデザイン部の平川です。

今回は4月度のMVPを受賞した高木さんにインタビューしました!
常に視座が高い高木さんは、入社以来目標を連続達成していて、現在では三島さんのメンターとして後輩育成も取り組んでいます。

そんな高木さんがなぜプルークスに転職したのか。
実際プルークスで働いてみて、日々感じること…様々な話を聞いてきました!

インタビュアー:平川 インタビュイー:プランナー高木

最先端が集まる東京へ

前職は何をしていたんですか?

これまで地方で広告の提案営業をやっていました。
広告提案営業の部署へ異動した直後の静岡で初の達成した経歴があったり、名古屋版の立ち上げをやらせてもらったり…
会社の中で一番ハードと言われる部署で働いていました。

とはいえ、紙の広告営業は大変でしたね。
世の中デジタル化している中で、前職で扱っている紙媒体は知名度もないし、
設置や配布や広告効果の測定法などの関係でビハインドすることが多かったので苦労しました。

なぜ東京で転職しようと思ったんですか?

デジタルの分野の中でも最先端のことをやりたいと思い、
地方での転職よりもなんでも最先端が集まる東京だと思い東京での転職を決意しました。

プルークスへの入社の決め手は?

動画という最先端のツールを扱っている、
デジタルという領域でビジネスをやっているところが決め手になりました。
他にも、当時の人事担当者や皆木さんと面接を通して会話をして、単純に楽しかったんです。

商材がガラッと変わりましたがその辺は心配などなかったですか?

今までと違って紙という商材からデジタルに変わるけど営業手法は一緒なので心配はなかったです!

実際に入社してギャップってありました?

ほとんどなくて、仕事内容もイメージ通りでしたね。
会社の仕組みなどもベンチャーだしな、これくらいだろうな〜くらいで考えていたので。

達観していますね(笑)

ですね。
でも唯一感じたギャップが、営業サポートやバックオフィスがしっかりしているという点がいいギャップでした。
ベンチャーだから夜遅くまで働くのが当たり前みたいな環境なんだろうなと思っていたけど、
バックオフィスがしっかりしているからこそ働き方が改善されていくし、
営業サポートのおかげで自分の業務を円滑に進めることができています。


インタビュー中の楽しそうな高木さん

ただ物を売るではなく、人で勝負している

今やっている仕事内容を教えてください!

アカウントプランナーとして、お客様の課題目的に対して企画提案〜ディレクション業務をやっています。

前職とは異なる商材ですが、入社当初は大変でしたか?

子供の頃から映画が好きで、週末はずっと映画を見ていたので、
映像に対して違和感なく、業務に慣れることができました。今でも家では映画を流しっぱなしにするくらい映画好きなんで(笑)

アカウントプランナーのやりがいは?

『お客様の言いたいことが理解できて、言語化した時にそれが伝わった瞬間』
『提案して形にしても同じように喜んでもらった瞬間』
『選んでもらった(コンペに勝った)瞬間』はとても嬉しいです。

アカウントプランナーとして一番心に残っているエピソードは?

シナリオが社内全員に刺さって満場一致でこれ!となった時と、
お客様から高木さんの安心感で…、と選んでもらった瞬間ですね。

やはり自分で考えたものがお客様にドンピシャでハマった時や、
自分の人柄で選んでもらえた時はとても嬉しいですね。

提案営業をずっとやっている人は「ものを売っているのではなく、人で勝負している」ことが多いと思うので、
「高木さんだから」と言ってもらえた時は「よしっ!」となります。

正直ここ大変!みたいなことあれば教えてください。

お客様のビジネスを理解することです。
日によって訪問する業界はバラバラで、医療業界のお客様先に行って、次は結婚相談所のお客様先など様々です。

高木さんはどういう工夫をして理解を深めているんですか?

お客様のビジネスを理解するために自分は、
お客様の会社がどういう風に成り立っているのかを理解することで、何を提案すべきなのかが自ずと見えてきます。

プルークスは無邪気でストイック集団

高木さんからみた皆木さんってどんな人ですか?

ガツガツしていない。船頭みたいな人ですね。

というと?

海賊船の先頭に立っている人で、方向性は示すけど舵取りなどは別の人みたいな。
某海賊漫画の船長みたいな感じですね。行き先は決めるけど、舵とるのは別の人なので。
とはいえ、あのキャラクターほど目立ちたがり屋ではないですが(笑)

シャイだけど行きたい方向があって、それに共感させることができる上手さがあるのが皆木さんだと思います。

プルークスで働いている人たちってどんな人?

優秀な人たちが多い!
それぞれ能力が高いし、自分よりも年下の人たちが今の仕事をやっているのは本当にすごいなと感じます
(とはいえ、負けませんけどね)

プルークスの人たちの共通点はなんですか?

俺のことをいじる(笑)

それはしょうがない。他は?

無邪気でストイックな人たちが多いですね。
あと会社として成長していきたいというと想いが強い人たちばかりです。

高木さんが思う、プランナーとして活躍するために必要なことってなんですか?
・相手の思っていることを言語化して企画書に落とし込む
・好奇心
・自分の作ったもの、発言に裏付けのある自信を持つ

不安そうな営業よりも自信がある営業の方がお客様から信頼を勝ち取れるので、
根拠のない自信ではなく、裏付けのある自信が必要ですね。

過去に「私が思っていることを的確に言ってくれるよね」と言われたことがあって、
昔から相手が何を考えて何を言おうとするのか読み取ることが得意なんです。

だからツッコミが早いんですね!

ツッコミは間が命ですからね!

料理上手の高木さんは先日のBBQでホットサンドとフレンチトーストを振舞ってくれました!

 

ゼネラリストを目指して

高木さんはプルークスでどのように成長していきたいですか?

メディアプランナーがやっているような広告案件も自分で回せるようになりたいし、
ゆくゆくは管理職を目指していきたいです。

スペシャリストではなれないと思っているので、広く物事を見れるようになりなんでもできるゼネラリストを目標に頑張ります。

最後に一言どうぞ!

好きな食べ物はラーメンです!


高木さんのインタビューはいかがでしたか?
唐突(というか雑)なボケに対しても的確にツッコんでくれる優しい高木さん。
彼がプルークスの今の良い雰囲気を生み出しているのだと思います。
安心感の権化である高木さんのこれからの活躍にご期待ください!

本日はここまで!最後までお読みいただきありがとうございました!

RELATED ARTICLE関連記事