ポジティブな明日を作る プルークスの情報発信メディア

logobar

【新卒同士でインタビュー!】ミレニアム世代就活からいきなり外れる決意をし、ベンチャー企業に就職した博多女子

「新卒同士でインタビュー!」本日が最終回です。

最終回を飾るのは、昨日ご紹介した石黒さんによる、三島さんのインタビュー!
「ゴルフが趣味です!と言いたいからゴルフをはじめました!」と明るく語る三島さん。ミレニアム世代の就活と比較しながらという石黒さんならではの目線でインタビューをしてくれました。

この企画は最終回ですが、今後も彼女達の活躍をプルチャンでどんどんご紹介していきます。
プルークスのフレッシュな4人を、どうぞよろしくお願いいたします!

インタビュイー:プランナー 三島  インタビュアー:プランナー 石黒

ミレニアム世代就活?何故ITベンチャー?

ミレニアム世代

承認欲求が強く、周りを意識する。

様々な定義がありますが、ここでは周りを意識して周りに合わせることとし、周りに合わせながら就活することをミレニアム世代の就活と名付けました。

PROOXに入社したわけ

PROOXに入社したのは何故ですかと聞いたところ、真っ先に「変わりたいと思った。」と答えた彼女。

話を聞いていくと、今まであまり追い込んだ経験がないと三島さんは言っていました。そのため、追い込まないといけない場に身を投げた様。
「成長したい。他の会社よりも追い込める気がした。」彼女にとっての人生です。

博多女子:三島茉梨亜

そんな、強い意志を持って入社した彼女。果たして、昔からこのような性格だったのでしょうか?

質問していくと彼女曰く全く違った性格だったようです。箇条書きにしてみると以下のような回答が。

・人の目は気にする
・根は真面目
・どうしてもやりたいことは絶対。それ以外は気にしない
・切り替え上手
・周りに合わせがち
・引っ張っていってくれる友人がいつも近くにいる
・ふわふわしていると言われていた

 

- 何故自分でそのような性格だと思いますか。

小さい頃から母が講師を勤めていたクラッシックバレエや英語、塾等親に勧められるまま習い事をこなす、受け身だったんです。そんな習い事生活で小学生時代から忙しく、友人と遊ぶ時間があまりなかったため、休み時間を全力で遊んでいました‼︎休み時間に命かけてる子供だったなーと。

― メリハリのある子どもだったようですね。確かに、まだ少しですが一緒に過ごしてみて三島さんはメリハリが上手だなと私自身も感じます。

 

多くの習い事をしつつも活発的に遊んでいた幼少期の三島さん。
ある程度のレールは親が引いてくれ、やりたいことを見つけたらやらせてもらえる環境でした。末っ子だということも相まってたくさん甘やかしてもらったなと自分でも思います。だからか、支えてくれてくれる人を見つけることが得意なんですよね。と自分で笑いながら答える三島さん。

今まで受験も先生のおすすめの大学に推薦で入るとか、女子大に通っていたのですが女子大だからかコミュニティもあまり多くはなくてより自分に甘くなってしまいました。

でも、やってみたいと思ったらやってみようという勢いから行動することもありました。やっぱり切り替えがすごいですね。

自分の性格を言い表してもらうと「能天気にハッピーに生きている」と。

彼女は視点が鋭く、自分に厳しいため自分ではそういう表現になるのでしょう。
私から見た彼女は自分を分析しながら修正し、ポジティブに捉えハッピーに生きているのではないかなと感じます。自分にストイックな彼女だからこそ、能天気という言葉選びなんですね。

ご家族に囲まれる三島さん

このように挫折もなくうまく生きてきた彼女。
(変わりたいという理由でベンチャーに入社するとは思えない、、、)

ゆるふわじゃいけないと気付かされた就活

ゆるふわに生きてきた彼女。就活についてもこう語りました。

 

就活もなめてたんですよねー、そこが仇でした。

夏頃からみんなが始めたから私も始めようと思い、就活スタートしました。
人材系を見ていたんですが、働いたことのない私が転職のアドバイス、、、できないなと思い金融系を見ました。

 

― いきなり金融系。全く違う業界行きましたね。

周りで流行っていたんです。とりあえず受けました。
でも、私にとってネガティブな要素をいくつか見つけたのでやめました。そんな中、説明会でIT業界に出会ったんです。そこからIT業界を見るようになりました。

 

― 周りに合わせながら就活していたんですね。世代ですね、まさしくミレニアム就活。就活をなめてたと言っていましたが、どういうことですか?

就活をなめていたせいで面接でなかなか話せなくて、ゆるゆるして生きてきたから素直と建前もわからなくて。素直に答えすぎて、相手の求めている答えを出せなかったなと思いますね。

建前を言えることも大事だと、それに気づいたことが一番大きかったですね。
私にとっては衝撃的でした。そこから改善しつつ、就活をリスタートしました。笑

そこからは上手くいきましたね。周りに合わせるのをやめて自分の行動も始めました。

頑張ることをやめないように、頑張りたい

 

― 入社する前はどんな気持ちでしたか?

就活の時はモチベーションがすごくて、「キャリアウーマンになるんや」と思っていました。
土日も毎日勉強する気でいて、周りにも覚悟しとけよと言われていました。

入社する前は日が経つにつれてベンチャーの勢いについていけるか不安で。。ちなみに今も不安です。笑

― 入社して最初の一週間を過ごしてみてどうでしたか?

・一週間が終わったらあっという間だった
・研修で知っているようで知らなかったことを知れた
・同期とも社員とも楽しく会話できたことがありがたかった

毎日社員のみんなが日報を見てくれているんです。
どうにかみんなで成長させてあげたいという先輩方の愛情が伝わるからますます頑張りたいですよ!!
本当に先輩にも恵まれてこの会社に入ってよかったなと思いました。

 

いつでも笑顔な三島さん

― これからやりたいことはなんですか?

まず、仕事を覚えることですね。“できる大人”になりたいんです。
東京きて能天気に生きられないと思いました。ぬるっと働くことも可能ですが市場価値を高めて素直に仕事を楽しみたいです。

これからも頑張ることを頑張っていきたいです。

RELATED ARTICLE関連記事