ポジティブな明日を作る プルークスの情報発信メディア

logobar

やりたいことがなかった私が、創業期のベンチャーに人事として転職した理由。

はじめまして!
この度12月に入社いたしました平川麻衣子と申します。

これまでスポーツウェアの販売や、人材業界・Web業界での営業の経験を経て、
未経験で採用担当としてプルークスに入社いたしました。

私がなぜ「スタートアップであるプルークスで未経験の採用に挑戦する」ことを決意したのかをお伝えさせていただきます。

何も考えていなかった学生時代と初めての就職

東京生まれ千葉育ちで、姉妹の末っ子として祖父にベタベタに甘やかされて育ちました。

(写真のほぼ8割が何かを食べているような、食いしん坊な幼少期)

中学時代はバドミントンに励んで、高校生になったらバイトに明け暮れているような、どこにでもいる学生でした。

高校三年生になって進路を考えてみたものの、特にやりたいことは無し…。
「このまま進学してもお金と時間の無駄」と考え、「接客と洋服が好きだし」という安易な考えのもと、
高校卒業後すぐにスポーツウェアの販売をスタートしたのです。

某アウトドアウェアの販売だったのですが、インドアな私は全く興味が湧きませんでした。
(山に登って何の意味があるの?ゲームしてるほうが達成感あるじゃんと思うようなやつです)

唯一好きな「人に関わる仕事」という部分だけ当てはまっていたので、
とりあえず25歳まで頑張ろうと思い、仕事に励んでいたことを覚えています。

やりたいことが見えてきた30歳手前

「パソコンをバリバリ使いたいな」と安易な考えのもと、人材業界の営業アシスタントとして入社。

某求人広告の会社に入社をして営業アシスタントを1年と、
提案営業を1年半経験しながら求人広告を通してお客様の採用をお手伝いしてきました。
(バイトするなら〜♪のCMでお馴染みの媒体です)

 

(自分が担当していたお客様先で忘年会をした時の写真。いい人たちばかりでした)

業界は多岐に渡り、様々な人事担当の方と出会うことができました。
その出会いの中で「会社の財産となる人材の採用・教育って会社に成長に繋がる重要な
仕事なんだな…大変だけどやってみたいな」と思うように。

このタイミングで「人事」という仕事を目指したいという目標ができたのです。

 

壁にぶつかった30歳

転職活動を繰り返し、とあるベンチャー企業に入社。
やりたいことをすぐに挑戦させてくれる有難い環境でした。

自分の中でいきなり人事をやるのではなく、マネジメントの経験を積んでからと考えていたので、
それを面接時に伝えたところ、入社してすぐにチームをもたせてもらうことができました。

全く経験のないマネジメントでチーム及びメンバーの目標設定・管理や教育、勤怠管理など、
様々な経験を積むことができました。
また地方に支社を立ち上げることが決まり、その立ち上げにも携わることもでき、
きつい時もありましたが、これらの経験はこの会社に入らないとできないことだらけでした。

約2年間部長としてマネジメントを経験した後に、人員不足であった営業へ異動することが決定。
「うーん、本当は人事やりたいんだけどな…とりあえず営業の経験あるし…やるか」と営業として再スタートすることに。

インバウンド営業として業務をこなして半年ほど経過した時に、
「会社に貢献しているのかわからない。…ぶっちゃけつまらない」と思うようになりました。

年齢的にも寄り道している余裕なし。
「マネジメント経験して目標である人事を目指したいと考えていたはずなのに何をやっているんだろう…。」
「この仕事は自分じゃなくてもできる。ここでの自分の存在価値ってなんだろう…。」
このようなことを毎日悩み続け、とうとう体調を壊しました。

体調を崩したことで改めて仕事について見つめ直すことができ、
自分はどんな状態・環境で人事をやりたいのかなを考え思いついたのが、
「心身共に健康な状態を維持しながら、組織づくりに携わり会社に貢献したい」でした。
この目標に向かって転職することを決意。

ようやく見つけた自分の目標に向かって奮起した31歳

転職を決意したとはいえ、自分の中で基準決めないといけないなと思い、下記の2点に軸としました。

①人数規模の小さい会社
現在プルークスは20名弱なんですが、今後50人・100人と規模が大きくなっていくはず。
その過程ごとに課題は変わっていくと思うので、人事としてその課題と向き合えることは自分にとって貴重な経験になるはず。
またこの規模なら職歴・年齢関係なく様々なことに挑戦させてくれそうだなと。

②新しいことを常に挑戦できる環境
決まったルールの中でひたすら仕事をこなすような誰にでもできる仕事は絶対に嫌。
常にトライ&エラーを繰り返すことで新しい手法を模索でき、結果として会社の飛躍に繋がるはず。
基盤ができていない・これから創っていける環境で、会社としても革新を推奨しているような環境にいきたい!!

上記に挙げた軸をもとに転職活動をスタート。
…が、様々な業界の企業にお話を伺いにいきましたが、いまいち刺さらない。

高望みしすぎなのか、条件限定しすぎたかな…なんて思い始めた時にプルークスの求人と出会う。

「動画?興味ないけど未経験OKだし、求めている規模だからとりあえず話を聞いてみたい!」と思い、面談のお時間をいただくことに。

当時の採用担当の方とお話をして「動画業界」「プルークス」のことを詳しく教えてもらいました。

面談終了後、すぐに正式に応募!
直感で「自分のやりたいことはここで叶う」と感じたからです。

そして採用していただき、現在に至ります。

会社の「これから」を作っていく

今までやりたいことが特になく、なんとなくで仕事をしてきた中で、
ようやく見つけた目標である人事としてプルークスに入社できたことが、本当に嬉しいです。

規模の小さい会社は裁量は多い分、大変だと覚悟しています。
特に採用って会社にとって非常に重要なのでドキドキです…。

妥協したら、その分だけ自分への負担となって返ってくるけど、
成果を出した分だけ会社の成長に繋がる・自分への評価としてきちんと返ってくるはずと信じて、
「プルークスに入ってよかった」とみんなが思ってもらえるように頑張ります!

(先日のプルークス女子会でプレゼント交換した際にすごいタイトルの本をもらった今の私)

この記事を読んで少しでも「話を聞いてみたい」と思ってくれた方、ぜひオフィスに遊びに来てくださいね!
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

RELATED ARTICLE関連記事